ecbo

2017/10/03

【Press Release】荷物預かりサービス「ecbo cloak」が福岡市にて 経産省実証実験の実施企業に

指紋認証による訪日外国人観光客向け「手ぶら観光」の実証実験に参画

 

2017年10月3日(火)、ecbo株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:工藤慎一、以下ecbo)は経済産業省公募事業「IoT活用推進のための新ビジネス創出基盤整備事業(IoT活用おもてなし事業)」に採択された「生体認証による新サービス等」をテーマとした先駆的な実証実験に参画することを発表します。

 

福岡市における実証実験は、主に福岡市内の官民共働型スタートアップ支援施設「Fukuoka Growth Next」に入居しているベンチャー企業等を中心に実施されます。ecbo株式会社は福岡の拠点を「Fukuoka Growth Next」に置いています。

 

■実証実験の内容

 

大名地区等で「ゆび情報」で荷物の一時預かりや飲食等の決済ができる実証実験を行います。

その中でecboは運営する荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」( https://cloak.ecbo.io/ )と、指紋生体認証サービスとの連携により、ecbo cloak加盟店で荷物を預けた観光客がゆび情報のみで買い物時の決済ができるなど、市内の周遊促進を実現します。本実証実験開始にあたり、西鉄グループ(西鉄グランドホテル、博多バスターミナル[一部店舗])とホテルチェックアウト後の店舗での荷物預かりの動線を創り連携するなど、新たな提携も始まります。

 

 

■実証実験(Touch & Pay FUKUOKA)概要

 

(1) 実施エリア : 川端商店街周辺,天神・大名エリア周辺など

(2) 参加施設 : 宿泊施設や飲食店、小売店、交通、公共施設など 合計80施設

(3) 実施期間 : 平成29年10月6日(金)〜平成30年3月31日(土)

(4) 実証対象 : 訪日外国人観光客(実証サービスは国内居住の外国人や日本人も利用可能)

 

■実施主体

 

・株式会社JTBコーポレートセールス
・株式会社Liquid(Fukuoka Growth Next入居企業)
・株式会社オープントーン
・株式会社創建
・公益社団法人日本観光振興協会
・ecbo株式会社(Fukuoka Growth Next入居企業)

 

■報道機関向けデモンストレーションの実施

 

10月6日(金)11時より、福岡市観光案内所(天神)(中央区天神 2 丁目 1-1 ライオン広場内)にて、報道機関向けデモンストレーションを実施いたします。会場準備の都合上、取材をご希望の方は、前日までに下記問い合わせ先へご連絡ください。

 

<福岡市経済観光文化局観光コンベンション部観光産業課>

 担当:白石、原口 TEL:092-711-4349(内線:2568)

 

 

■荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak」とは

 

「ecbo cloak」は今年1月に東京都内でスタートした、「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐシェアリングサービスです。カフェ、美容院、レンタサイクル、着物レンタル店、コワーキングスペース、神社などの多種多様なスペースを荷物預かり所にし、おもてなし体験を提供しています。

現在、東京・京都・大阪・福岡・沖縄・北海道をはじめとする地域で展開しており、全国で加盟店を募集しています。

 

■ecbo cloakを導入する店舗のメリット

 

ecbo cloakを導入することによって、加盟店舗には副収入になったり集客につながるなど、様々なメリットが生まれます。

空きスペースを有効活用したい店舗オーナー様、インバウンド客を積極的に呼び込みたい方、外国人だけでなく既存の日本人顧客様に新たに荷物預かりの選択肢を増やしたい方、お店の認知を国内外に広めたい方には非常に有効的なツールです。

 

「ecbo cloak」では全国で加盟していただける店舗を募集しています。飲食店に限らず、スタッフが常駐しており弊社の基準をクリアした店舗様はどなたでも登録していただけます。

オーナー登録はこちらから→ https://cloak.ecbo.io/ja/owner

 

また全国の地域で地元の商業店舗と多くの信頼関係を築いており、ecboのビジョンを共に店舗に伝えていくことができるパートナー様も募集しております。

 

【「おもてなしプラットフォーム」について】
経済産業省では、IoTを活用し、サービス事業者同士が情報を共有・活用して質の高いサービスを提供できる仕組み「おもてなしプラットフォーム」を構築し、2020年までに社会実装することを目指しています。
具体的には、訪日外国人旅行者が、買い物や飲食、宿泊、レジャー等の各種サービスを受ける際に求められる情報等について、本人の同意の下、これらの情報を「おもてなしプラットフォーム」に共有・連携することで、「おもてなしプラットフォーム」を介して、様々な事業者や地域が情報を活用した高度で先進的なサービスを提供できる仕組みを実証しています。(参考)経済産業省平成28年度補正予算「IoTを活用した新ビジネス創出基盤整備事業(IoT活用おもてなし実証事業)」(http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/saitaku/s170224001.html)

 

■本件に関するお問い合わせ先

 

ecbo株式会社 担当: 辻(コミュニティマネージャー)
TEL&FAX: 03-4405-8929
MAIL: naco@ecbo.io

 

■ecbo株式会社 会社概要

 

・商号: ecbo株式会社

・本社所在地: 東京都渋谷区恵比寿南 3-4-13 青柳ビル2階

・代表取締役社長: 工藤慎一

・設立年月日:  2015年6月2日

・Webサイト: https://ecbo.io

・主な事業内容: 店舗の遊休スペースを使った荷物預かりプラットフォーム「ecbo cloak」の運営

 

お知らせ一覧へ戻る